Start Planning
秋分の日

秋分の日2019年と2020年

秋分の日は、秋の大型連休の内の一日です。

日付祝日
20199月23日月曜日秋分の日
20209月22日火曜日秋分の日

秋分の日は秋の訪れを祝う祝日です。

成り立ち

秋分の日は、その始まりは神道の起源にまで遡るほど、歴史ある祝日です。日本の民族宗教である神道の信仰者は、この日を秋季皇霊祭として祝っていました。秋季皇霊祭は、歴代の天皇たちの霊を祀る儀式で、現在は日本の国民の祝日ではありませんが、その多くの側面が秋分の日に引き継がれています。秋分の日は、仏教にとって大切なお彼岸の日でもあります。

仏教徒によると、お彼岸は魂が涅槃に届く時です。また、お彼岸は季節の変わり目の日とも知られており、秋分の日の別名でもあります。秋分の日は1947年、国民の祝日となりました。お彼岸や、秋季皇霊祭はその宗教的講社が理由となり、国民の祝日とはなりません。現在の日本国憲法によれば、政治と宗教は分離されるべきであるとされています。このため、秋分の日と他の国民の祝日は世俗的なのです。

秋分の日の過ごし方

秋分の日に関連する風習はたくさんあり、人々は様々な方法で秋分の日を祝います。

  • お墓参り

秋分の日は、多くの人が家族のお墓参りをします。この風習は、歴代の天皇や他の大事なものたちを敬うという神道の行いから由来しています。人々は秋分の日の朝にお墓参りに行きますが、たいてい一日を費やすことになります。お墓をきれいにするために、出来る限りのことをします。お墓がきれいになった後は、故人が好きだった花を飾り、お線香とお供え物を供えます。

  • 食べ物

秋分の日は何か特別な食事をする日ではありませんが、人々は伝統的なお菓子などを楽しんでいます。秋分の日のお菓子といえば、ぼたもちです。ぼたもちは(またはおはぎとも言いますが)丸めたもち米をあんこで包んだお菓子です。中に甘い具を入れたぼたもちを作るお菓子職人もいます。もち米を丸めたら、蒸しあげていきます。上手に出来上がったぼたもちは、もちもちしていて甘いです。

  • 神社でのお祭り

秋分の日は仏教や神道と結びついているため、各地の神社では特別行事が開かれます。住職が参拝者たちに、神道や秋分の日の歴史についてお話をしたりします。これらの行事では、家族や友人たちと一緒にぼたもちを味わうこともでき、ぼたもち作り教室を開く神社もあります。また、子どもたちは秋分の日にちなんだ工作教室に参加することもできます。これらの行事はすべて無料ですので、神社に食べ物やお金を奉納するのもよいでしょう。

  • 旅行

日本の人たちにとって、秋分の日は旅行へ行くいい機会でもあります。お墓参りの後、他の街へ行ったり自然のある場所へ行ったりします。実家へ規制するのも一般的です。秋分の日は道路も渋滞し、公共の交通機関なども満席になります。

  • 帰省

秋分の日に帰省して、親戚で集まるのも一般的な過ごし方です。家族全員が一箇所に集まって食事をし、会話をします。秋分の日は幸せの日でもあるので、家族では明るい話題を話すのがよいでしょう。

  • 神社仏閣巡り

秋分の日に神社を参拝する人はたくさんいます。明治神宮や平安神宮はとても人気のある参拝地です。これらの有名な神宮の他、稲荷神社や八幡宮、地元の神社へ訪れる人もいます。日本で有名な神社は、東京や京都にあります。東京の浅草寺は秋分の日のお祭りや興味深い建築物で有名なお寺です。

秋分の日は、秋の訪れと家族の思い出を祝う祝日です。

Accept