Start Planning
憲法記念日

憲法記念日2019年と2020年

憲法記念日は、終戦後、日本の憲法起草と公布を祝う日本の国民の祝日です。

日付祝日
20195月3日金曜日憲法記念日
20205月3日日曜日憲法記念日

新憲法が日本国民に与えた数多くの権利により、憲法記念日は多くの日本人にとって大切な日です。毎年5月3日にあります。憲法記念日は、人々が民主主義と、自由や人権といった考えを反映する日とされています。また、ゴールデンウィークの一部でもあり、この日は家族や友人たちと休暇を取って出かける人が多いです。

成り立ち

憲法記念日の大切さをしっかり理解する前に、20世紀初頭における日本の状況を知っておきましょう。

  • 大日本帝国と第二次世界大戦

日本が第二次世界大戦に突入する前、日本はその領土を南東アジアや太平洋へ勢力を拡げていきました。多くの有識者たちが、イギリスやアメリカによる植民地化を防ぐという意味で、日本が帝国権力となることを推し進めました。これらの理由を除いても、帝国の拡大は日本をより軍国化させていきました。そうして、この軍事化は日本社会の多方面において広がっていきました。軍事化による影響の一つとして、強制徴兵や言論の自由の廃止がありました。日本社会における軍事化が引き起こしたもっとも大きな影響は、国会、皇位、民政の弱小化でした。これは、日本全体の運命が、たった数名の軍事統率者たちに握られていたということを意味します。これらの統率者たちは昭和天皇や日本国民の支持なしで満州国を侵略することを決定し、さらにこの軍事エリートたちは真珠湾攻撃によってアメリカに対して戦争することを決めたのでした。太平洋での激しい戦争の後、日本軍は負け、昭和天皇が平和を訴える地位に就くこととなりました。アメリカのダグラス・マッカーサー元帥とともに、昭和天皇は条約を締結し、第二次世界大戦が終了しました。

  • 新しい日本国憲法の起草と公布

抑圧的な軍の統率者が権限を持たなくなった後、昭和天皇はマッカーサーらアメリカ人と共に、日本国民に有益な新しい憲法を作りました。憲法は1947年5月3日に施行されました。新しい日本国憲法はアメリカやイギリスの憲法を基にしています。この憲法で述べられている各条は欧米の考えにもとづいています。この憲法では、日本国民には集会や言論の自由があるということが謳われています。労働者の権利や適正な手続きもまた、新憲法で保証されています。新憲法では、民主的な選挙により総理大臣、国会議員、官僚を決めることとされています。戦前、国民の多くは公務における役割を持っていませんでした。これらの変化が日本の繁栄へとつなげたのです。憲法記念日は、日本が全体主義から、民主的な選挙で選ばれた国会で成り立つ立憲主義へと変わった日であります。

憲法記念日の過ごし方

憲法記念日の過ごし方は人それぞれです。

  • 国会議事堂を訪問する

一年のうち多くは、国会議事堂のほとんどのエリアが非公開とされています。憲法記念日には来訪者用に国会の扉が開き、国会議事堂ツアーが行われます。来訪者は法律が制定されるプロセスを学んだり、日本の重要な決定がされる場所を見学したりできます。

  • 公共の講演に行く

憲法記念日は、公共の施設などで講演が開かれることが多いです。たいてい、政府や大学の教授による講演が開かれます。講演のテーマは毎年違いますが、日本の歴史と新憲法に関する話がいつもされています。民主主義の進化や日本の変遷、日本の未来についての講演が人気があります。

  • 旅行

憲法記念日はゴールデンウィークの中日ですので、国内旅行に充てる人が多いです。ゴールデンウィークに人気の旅行先は、広島です。広島には第二次世界大戦中の人々の遺品を展示する記念館がたくさんあります。市内にある像や作品は、日本と世界の末永い平和のために捧げられています。

  • 過去を振り返る

憲法記念日は、人々は家族と過ごし過去を振り返ります。この日は、日頃当たり前に思っているものに感謝をする日として捉えています。

 

Accept