Start Planning
天皇誕生日

天皇誕生日2018年と2020年

天皇誕生日は、日本国民にとって大切な祝日のひとつです。

日付祝日
201812月23日日曜日天皇誕生日
12月24日月曜日天皇誕生日 (休日)
20202月23日日曜日天皇誕生日

注:2020年以降、2月23日に皇帝の誕生日が祝われます。 明仁天皇は2019年4月30日に退位する予定で、鳴門皇太子が王位に上る。

天皇誕生日は天皇と皇位を敬う日であり、また国民が喜んで愛国心を表現する日でもあります。天皇誕生日には、人々はさまざまなお祭りを楽しみます。現在の天皇誕生日は12月23日です。その時の日本の天皇の誕生日に応じて、天皇誕生日は変わります。

成り立ち

天皇の誕生日を祝うという行事は、古代日本にまで遡ります。このお祝いは、天皇を個人として、そして帝国の統治者として敬うための日でした。戦前、天皇誕生日は天長節と呼ばれていました。天長節に対応する日は、地久節または皇后誕生日です。1948年、天皇誕生日は国民の祝日として制定されました。また同年、地久節は廃止され、天長節が天皇誕生日となりました。天皇誕生日は、昭和天皇の誕生日を祝う日で、昭和の天皇誕生日は4月29日でした。1989年昭和天皇が崩御してから、4月29日はみどりの日となりました。

2007年に4月29日は昭和の日となり、今日では天皇誕生日、みどりの日、昭和の日はそれぞれ別の日となりました。昭和天皇の崩御後、明仁天皇が即位し、現在の日本の天皇は明仁天皇であり、明仁天皇の誕生日は12月23日です。これにより、国会では天皇誕生日を12月23日と制定しました。日本の憲法では、国会は天皇誕生日を現行の天皇の誕生日とすることが決められているため、今後は違う日が天皇誕生日となるでしょう。

明仁天皇の生い立ち

現在の天皇誕生日は、明仁天皇の生活と偉業を称える日です。1933年、明仁天皇は昭和天皇と香淳皇后の間に誕生しました。明仁天皇は、皇室の中でも初めて平民出身の女性と結婚した最初の天皇でした。これまでにおいて、明仁天皇は皇室がこれまでの歴史で持ってきた上層階級主義から離れてきました。明仁天皇は東アジアにおける日本の信頼向上に大きく貢献しています。日本帝国が行ってきた酷い行為に対して謝罪するため、何カ国もの国々を訪れています。また、地震、津波などの自然災害で被災した地域にも訪問したとして知られています。明仁天皇は、平和の維持と世界を理解することについてできうることを現在も続けています。また明仁天皇は、l科学に純粋な興味をもつ学者でもあり、魚類学者として論文も発表しています。

天皇誕生日の過ごし方

天皇誕生日は、日本特有の祝日のひとつであり、国民はさまざまな方法でこの日をお祝いしています。

  • 皇居訪問

天皇誕生日には、たくさんの人が皇居を訪れます。通常は国民には非公開となっている皇居ですが、12月23日は一般公開されます。天皇誕生日、訪問者たちは皇居内の部屋や中庭などを見学する皇居内ツアーに参加します。これは貴重な体験ですので、日本全国からこの日を楽しみしてやってくる人がたくさんいます。また、皇居で盛大な式典も行われます。式典前には、天皇の登場を待ちわびて皇居前にたくさんの人だかりができます。式典が始まると、天皇がバルコニーから人々の前にお姿を現します。訪れた人々は静かに、天皇の感謝のおことばを聞きます。式典中、天皇は皇后や他の皇族と共にいます。

  • 国旗

天皇誕生日は愛国の祝日ですので、家庭で国旗を掲げる人々もたくさんいます。また、皇居に小さな国旗を持っていく人々もいます。

  • 手紙

誕生日前の週は、多くの国民が天皇にお手紙を書きます。手紙の多くは一般的なものですが、中には非常に個人的なメッセージを書く人もいます。これらの個人的な手紙は、天皇の行いによって直接なんらかの影響を受けた人たちからの手紙であることが多いです。明仁天皇の博愛への貢献に対する感謝の気持ちを表した人たちからの手紙を、明仁天皇は受け取ってくださいます。天皇誕生日前は、天皇へお手紙を送りたい人々に便箋や切手を販売する露店がたくさん出てきます。

天皇誕生日を過ごすのに最適な場所

天皇誕生日に関する行事はすべて皇居で行われますので、天皇誕生日を祝うのに最適な場所は東京でしょう。

天皇誕生日は、今上天皇とその生活に敬意を払う、愛国心溢れる祝日です。

Accept