Start Planning
みどりの日

みどりの日2019年と2020年

みどりの日は、自然やアウトドアを楽しむことに関連した日本の祝日です。

日付祝日
20195月4日土曜日みどりの日
20205月4日月曜日みどりの日

みどりの日は5月4日です。この日は、ゴールデンウィークの他の祝日と合わせて連休となります。他のアジア諸国の春を祝う祝日のように、みどりの日は寒い冬を終えて家族が一緒に集まる日です。

成り立ち

みどりの日は、他の日本の祝日と比べるとやや新しい祝日ですが、これには興味深い背景があります。20世紀初め頃、みどりの日は本来、昭和天皇の誕生を祝う日でした。昭和天皇裕仁は、1926年から1989年まで天皇として在位しました。昭和天皇は日本の天皇として最も長い在位期間であり、国のもっとも大変な時期を見てきたため、人々は昭和天皇の任務を素晴らしいと感じています。昭和天皇は植物や自然界に深い感謝の気持ちを持っており、人々も昭和天皇の誕生日に植樹することで昭和天皇に敬意を示していました。

当時、この祝日は5月4日ではなく4月29日でした。昭和天皇が崩御してから、その第一皇子である明仁が天皇として在位し、天皇誕生日はみどりの日として改名されました。昭和天皇の死後も、自然を愛することで昭和天皇の死を尊ぶという習慣は今も残っています。2007年、みどりの日は5月4日に移り、毎年4月29日が昭和の日となりました。現在では、みどりの日、昭和の日、他の祝日を合わせて、春祭り週間またはゴールデンウィークと呼ばれています。

皇位

みどりの日は、今日の日本の民主主義を敬う日として認識されています。この日が昭和天皇を敬う日であるため、人々はみどりの日を自然と日本の繁栄を称える日として捉えています。また、みどりの日は愛国の祝日です。国内外で、自然やいつも当たり前にあることを楽しみながらみどりの日をお祝いします。

みどりの日の過ごし方

みどりの日に関連するお祝いは、自然やアウトドアに関わることです。

みどりの日は、友人や家族と一緒に春の陽気を楽しむ日として過ごします。外国の「植樹祭」と似ており、日本でもみどりの日に木を植えます。みどりの日の主なお祝いとして、天皇がお祭りを開祭するおことばを述べられます。天皇のおことば後、出席者たち全員でさまざまな種類の木を植えます。これは、天皇と日本国民を敬う儀式として執り行われます。また、自然や、生活にある単純なことへの敬意を示すことでもあります。このお祭りは、日本の人々が世界においてもよい民であることを祈ることも目的としています。

みどりの日の主なお祝いに関連して、国内の主要都市や市町村でもそれぞれのお祝いがあります。行政や社団法人国土緑化推進機構の主催によってお祭りが行われています。フォーマルなみどりの日のお祝いが終わった後、人々は友人や家族と過ごします。お天気が許す限り、春の行楽として特別な場所へ旅行をしたりします。ゴールデンウィークに人気の旅行先には、東京などの大都市や、阿蘇山などの自然あふれる場所があります。あまり旅行が好きではないという人たちは、地元でパレードを見て過ごします。パレードでは、フロートやコスチュームを身にまとったダンサーなどが見られます。みどりの日や春の季節をテーマとしたパレードなので、とても色とりどりです。また、道や自宅に提灯を吊るす人たちもいます。これは日本の会社などでよく見られる習慣です。

みどりの日を過ごすのに最適な場所

久しぶりに家族で集まって自宅や屋外でゆっくり過ごしたりする人もいれば、外出して音楽や食事、お祭りを楽しむ人もいます。東京タワーは、みどりの日に人気の観光スポットです。夜になると、東京タワーは自然や春をイメージした自然の美しさを表すライトアップがされます。また、花火も打ち上げられます。もう一つ人気のみどりの日のお祭りスポットは芝公園です。芝公園は、きれいに整備された公共の公園です。公園内には増上寺もあります。

みどりの日は、人々が友人や家族と一緒にアウトドアを楽しむための春の祝日です。

Accept