Start Planning
勤労感謝の日

勤労感謝の日2019年と2020年

勤労感謝の日は、労働者に敬意を払いその人たちに感謝することを目的とした日本の祝日です。

日付祝日
201911月23日土曜日勤労感謝の日
202011月23日月曜日勤労感謝の日

この日は11月23日に国民の祝日として設定されています。日本語では勤労感謝の日と呼ばれ、この日は家族や友人と集まってそれに関して感謝の気持ちを示す日です。

歴史

  • 秋の収穫を祝う日
    勤労感謝の日の歴史は、紀元前660年までに遡ります。この祝日が最初に始まった時は、秋の収穫を祝う日でした。このお祝いは、日本の天皇と朝廷によって執り行われる収穫の儀式です。この儀式は「新嘗祭」呼ばれ、天皇がその年の新米を味わい、収穫の神様を敬うもので、神武天皇(紀元前660年~585年)は、この儀式に参加した最初の君主でした。感謝祭は神武天皇の時代まで遡りますが、清寧天皇が統治していた紀元後480年~484年までは日本でそれほど広く祝われていませんでした。清寧天皇の時代に新嘗祭は毎年行われました。また、感謝祭はその年一年の労働を振り返る日ともされていました。
  • 現在の祝日
    日本での感謝祭は1948年まで秋の収穫と勤労のお祝いとして続きました。当時の日本は、農業国から産業国へと変化していった時代でもありました。国民の多くが自給農業から労働者となったため、秋の収穫ではなく勤労を祝う日と変わっていきました。現代の祝日は、戦後日本の新たな憲法草案にも関連しています。第二次世界大戦前、日本政府はますます全体主義となっていきました。この直接的な結果として、労働者は貧しい労働環境と搾取的な作業長に対して保護が限られていました。日本が連合軍に統治された後、昭和天皇はアメリカ人と共に日本の新しい憲法と政府の制度作りに取り組みました。この新しい制度は、日本国民にとって新たな権利の時代を招くこととなりました。新憲法発布後、労働者をはじめ日本国民は、人権によって保護されるようになりました。日本の感謝祭は、ヘイマーケット事件で犠牲となった労働者たちを追悼し祝うアメリカのレイバーデーと似ています。

お祝い

日本の勤労感謝の日は広く祝われていますが、この日が勤労感謝の日であるということは公共の場ではあまり分かりません。勤労感謝の日を祝う大きなパレードもなければ、飾り付けなどもありません。大きなお祭りごとをするのではなく、家族だけで穏やかに祝日を過ごすという感じです。

  • 議論
    勤労感謝の日は、この日を過ごす多くの人にとって、愛国主義や政治、その他の目的のために祝うものではありません。勤労感謝の日に政治的議論を繰り広げるわけではありませんが、多くの労働組合では、業績や今後の目標について議論するきっかけの日として使われています。
  • 感謝の気持ちを示す
    多くの国には感謝の意を表す日がありますが、日本の勤労感謝の日の概念はそれよりも少し意味が違います。勤労感謝の日には、消防士、警察官、公務員といった公的な仕事をする人たちに対して感謝の気持ちを示します。多くは、小さな子どもたちや学生が絵や手紙とを送るという形で見られます。
  • 友人や家族と集まる
    勤労感謝の日は、多くの人たちは友人や家族と集まって一緒にご飯を食べたりして楽しい時間を過ごします。これらの集まりでは、頑張って働いた一年を振り返って話をします。勤労感謝の日は、労働者を敬うだけでなく、仕事で離れて暮らす家族とのつながりを振り返る日でもあります。

日本の祝日と西洋の祝日との違い

多くの場合において、日本の勤労感謝の日はアメリカやカナダの感謝祭と似ています。どちらの場合でも、感謝祭は秋の収穫を祝う日として作られ、また社会の変化に応じた適切なコンセプトに対して感謝の意を示す日として変わっていきました。さらに日本の祝日は、アメリカやカナダのものとは大きく異なります。アメリカやカナダの感謝祭とは違い、日本の勤労感謝の日では盛大なごちそうを囲んで集まったりはしません。日本では、親しい友人や家族とごく普通の食事を楽しむ人たちが多いです。

いろいろな日本の勤労感謝の日

日本人の中にも、西洋流の感謝祭をする人たちがいます。彼らは、料理を持ち寄って大きめのパーティーを開きます。この持ち寄る料理はターキーや洋食ではないこともあり、だいたいは多国籍な料理が持ち寄られています。日本で暮らすアメリカ人やカナダ人の多いエリアでは、伝統的なアメリカの感謝祭の料理を提供するレストランもあります。

勤労感謝の日は労働者の権利を認識するための日本の国民の祝日です。

Accept