Start Planning
海の日

海の日 2020 と 2021

日本では7月の第三月曜日に海の日をお祝いします。この祝日は、何世紀にもわたって、日本が周囲を囲んでいる海から得てきた恩恵や経済的な繁栄に、意識を向けるために制定されています。

日付祝日
20207月23日木曜日海の日
20217月19日月曜日海の日

海の日は、1876年に蒸気船で明治天皇が日本の島々の周囲を巡った旅を記念して、1941年に初めて提案されました。しかし、その日が愛国的で歴史的な理由で選ばれましたが、この日の実際の目的は、日本と海との関係を祝福するためでした。

始めは、海の日は海洋記念日と呼ばれ、7月20日にお祝いされていました。しかし後に、この日は7月の第三月曜に移動され、単に「海の日」と名前が短くされました。この日は、日本のカレンダーで最初の夏の祝日で、ちょうど梅雨の終わりにやっています。これにより、海やウォータースポーツに遊びに行くのに人気の時期になっています。

この日には、日本中の水族館の多くで特別なイベントも行われます。そして多くの人が、泥団子投げに参加します。これは、微生物をたくさん含んだ泥の団子を海辺に投げることで、「海の汚れ」を浄化しようというものです。