Start Planning
春分の日

春分の日2019年と2020年

春分の日は春の訪れを祝う日本の国民の祝日です。

日付祝日
20193月21日木曜日春分の日
20203月20日金曜日春分の日

春分の日は、春分を祝う祝日です。グレゴリオ暦では通常、3月20日もしくは21日となります。暖かな気温と自然を祝う中で、多くの人たちは彼らの先祖を敬う日として春分の日を過ごします。春分の日は、家族と一緒にアウトドアを楽しむ人たちで溢れます。

成り立ち

春分の日には、日本独特の、長く興味深い歴史があります。8世紀、多くの人々は神道と呼ばれる宗教を信仰していました。

神道の人々はアニミズムですので、全ての自然のものには精霊の力や神が宿っていると信じています。このため、人々はあらゆる形で自然を守り、崇拝していました。この自然とは、石や木、低木、川、湖などあらゆる自然物を指します。春の季節には木や花が咲きほこり、神道の信者たちがそれを祝福したのです。

やがて、春分は神道と春の訪れを祝う祝日となりました。夜の時間と昼の時間がちょうど同じになる日なので、春分がお祝いの日として定められました。今日では、春分の日は春の最初の日として知られています。現代における日本社会の大半は、神道の基本原則に則っています。しかしながら、神道を信仰しているという日本人はごくわずかしかいません。これを理由として、現在の春分の日が伝統的な神道信仰ではなく、春の訪れを喜び合う日となったのです。春分の日は1948年、日本の国民の祝日となりました。

春分の日の過ごし方

日本では、それぞれの好みや家族の伝統などさまざまな形で春分の日を祝います。

  • 親戚で集う

春分の日は、家族が一つに集まるという目的も含まれています。日本は先進国なので、家族がそれぞれ違う都市で働き別々に生活しています。この日は、親戚との集まりを楽しむため多くの人が実家へ帰省します。

  • お墓参り

多くの点において、春分の日は中国の清明節と似ています。清明節に中国人がするのと同じように、日本人も春分の日にご先祖様のお墓を掃除します。春分の日は、午前中にご先祖様のお墓へ行き、雑草取りやお墓の表面の汚れを落とします。お墓がきれいになったら、花を供えて線香を焚きます。この習慣には、孝行や先祖を敬うという意味が込められています。

  • 春の小旅行

ご先祖様へ十分に敬意を払ったら、家族でのんびり旅行を楽しみます。春分の日のお天気はだいたい恵まれることが多いので、たくさんの人たちがビーチや公園など自然あふれる場所へ行きます。自然を楽しむことで、人々は彼らの先祖が神道を信仰してきたのと同じものに敬意を示しつつ、リラックスすることができるのです。

  • 食事

春分の日は、欧米の祝日のように食べ物にそれほどこだわったものはありませんが、日本では多くの家庭でおはぎという春のお菓子を食べて楽しみます。おはぎは、もち米とあんこで作ったお菓子で、丸めたもち米をあんこで包んだ和菓子です。おはぎにはさまざまな味と種類があり、ぼたもちとも呼ばれます。

  • お花見

日本の春を象徴するものの一つに、桜があります。桜は、春の終わりまでにかけて日本各地で見られます。日本の南部ではだいたい春分の日に桜を見ることができます。桜の時期に最も人気のお花見スポットの一つは、東京の新宿御苑です。

  • 神社参拝

多くの日本人は神道信仰ではないと思っていますが、春分の日に神社を参拝するのは一般的な習慣です。神道を信仰している人々にとって、神社には神や聖霊がいるとされています。今日、人々は霊的指針や観光目的で神社を参拝します。日本社会における神道の影響は大きく、日本各地にたくさんの神社があります。神社参拝に最適な地域は北海道や東北地方です。また、関東地方や東京、沖縄にもたくさんの神社があります。

春分の日を過ごすのに最適な場所

日本には、春分の日を祝うのに存分に楽しめるアウトドアスポットがたくさんあります。

春分の日に人気のスポット:

  • 北海道 松前公園
  • 青森県 弘前公園
  • 山形県 霞城公園
  • 秋田県 角館

日本の春分の日は、人々が家族や友人とともにアウトドアを楽しむ祝日です。

Accept