Start Planning
成人の日

成人の日2019年と2020年

成人の日は、1月の第二月曜日にある国民の祝日です。

日付祝日
20191月14日月曜日成人の日
20201月13日月曜日成人の日

成人の日は、日本の新成人が社会の一員として自立を祝う日です。この日は、4月2日からその翌年の4月1日まで生まれが対象で、その年に20歳になった人たちを祝います。成人になる年齢はこれまで何年にもわたって変わってきましたが、現在の祝日では20歳以上の人を自立した成人として認めています。これは、現在の日本政府が公的な成人として20歳を最低の年齢として設定してるためです。20歳になると、日本の国民は選挙権を得たり、飲酒や喫煙が公的にできるようになります。

成り立ち

日本の成人の日は、700年初頭にまで遡ります。当時は、王子が成人男性として新しい外衣と髪型に変える時で、王子と王子の新しい慣行に敬意を示すため、新しい外衣を着る日が成人の日として広まりました。この習慣は日本中の社会に広まりましたが、成人の儀式は1600年代の江戸時代初期までは祝日とされていませんでした。江戸時代中期になって、成人の日が国民の祝日となりました。現在の祝日とは異なり、成人の日は年代によって成人とする年齢が違っていました。江戸時代では、15歳の男女が成人として認められていました。そして、この祝日は毎年1月15日に制定され、この伝統は2000年まで続きました。新世紀後、成人の日は1月の第二月曜日に変更されました。

成人の日の過ごし方

成人の日は新成人にとって大きなお祭りの日です。この日は各市町村の市役所やホールなどで特別なセレモニーが開かれます。セレモニーはだいたい午前中に始まり、その日の他のイベントが執り行われます。セレモニーが午前中に始まるのは、出席する新成人がその支度に時間がかかるからです。市長が、成人としての責任やそれに関連することについてのスピーチをするのが慣例です。また、セレモニー後は新成人への記念品も送られます。セレモニー前後には、新成人たちは地元の神社へ訪れます。幸運が訪れるようにという意味だけでなく、先祖にも敬意を払うために参拝します。他の祝日のように、衣装にはとても大きな意味があります。

伝統的なものでは、男性は袴という特別なお祝い用の着物を着ます。女性は振り袖と草履を身につけます。ほとんどの男性は袴ではなくスタイリッシュなスーツを着ますが、女性は伝統的な振り袖を着ます。セレモニーと神社参拝が終わると、新成人の多くは地元の居酒屋へ行き、アルコールを飲める権利を祝って乾杯します。お祝いはコンサートホールなどで開かれます。渋谷などの大都市では、新成人たちは大きなコンサートホールへ招待され、食事やアルコール、ライブミュージックを無料で楽しめます。成人の日は若い世代向けの日ではありますが、他の世代の人たちもみなこの日を祝います。

イベントの規模

成人の日は、欧米の祝日である感謝祭やイースターと同じくらい大きな祝日とされています。セレモニー前やその日一日中、シティーセンターは写真を撮る人たちやメディア関係者などでいっぱいになります。彼らは新成人の写真を取り、成人の日や今のニュースについての意見を聞いたりします。成人の日は非常に幅広く祝われていますが、ここ数年は減少傾向にあります。これは日本の若者の人口が減っているというのが第一の理由です。多くの専門家たちがこの件について議論していますが、国民の多くは、日本人が大家族を築くことよりもキャリアを選択しているからだということを理解しています。いくつかの報告では、複数の都市において成人の日の規模がおよそ70%まで減少しているといわれています。

大規模な祝賀

若い人たちや家族が多いエリアでは、大規模で活気に満ちた成人の日の式典が行われています。大規模な式典は以下のような地域で見られます。

  • 渋谷
  • いすみ
  • 原宿

日本の成人の日は、幸せと成長の時と特徴づけられている祝日です。

Accept